お客様の声

両家の家族団らんが増えた家【明石市M様邸】

|一覧へ戻る|

戸建てを購入した理由は何ですか?

私たちの実家はマンションでした。結婚後もマンション形態の社宅に住んでいたので、「マイホームは戸建て」と決心していました。購入計画を検討し始めたのは息子の誕生です。モノも一気に増えて、部屋が狭くなっただけでなく、子どもが成長して歩き始めた頃、はしゃいだり、壁を叩いたりと元気に動きまわるようになったんです(笑)。その度に『ダメでしょ』という注意が増えていって・・・。社宅には子どもさんを持つ同じ立場のご家庭が多かったのですが、やはりご迷惑をかけたくないという気兼ねはありました。「もっと伸び伸びとした暮らしを手に入れたい!」と決意し、ネットで見つけた明石住建さんのオープンハウスに足を運びました。

子育て世代に向けた設計「イクリア」はどうでしたか?

会場で応対してくれた営業担当者さんからその間取りで暮らすメリット、さらに住宅ローンや家づくりのプロセスなどを様々な説明を受けました。信頼できる営業担当者さんとの出会いで、不安が解消されました。私たちが潜在的に望むマイホームとは何かを上手に引き出してくれ、完成までの道筋を建ててくれました。同世代で、家を建てている知人、友人がいないので、本当に頼りになりましたね。

お気に入りの土地は見つかりましたか?

はい。僕たちの実家近くにいい土地が見つかりました。最初は僕の会社近くで探したのですが、予算と折り合いませんでしたので、実家近くに条件を変えたところ、すぐにヒットしました。どちらの実家にも近く、互いに支え合っていける距離ですので、かえって安心ですね。

どこにこだわりましたか?

両親や友人たちを招くリビングを開放的で明るい空間にしてもらいました。その続きに襖を設けないオープン型の和室を備えました。息子のお昼寝や遊ぶスペースになったり、私が洗濯物を畳んだりと様々なシーンで活用しています。さらにキッチンにこだわりました。私の背丈に合わせたシステムキッチンで、自然と料理の品数が増えていました! 収納スペースも充実していて、片付けもしやすく、いつもキレイな状態です。調理中はリビング全体が見渡せるので、常に子どもの姿が視界に入ります。社宅に住んでいたころは、キッチンは個室タイプだったので、子どもが度々、私の姿を見るためにキッチンをのぞきに来ていましたが、今はそんな行動がなくなりましたね。

設計士との打ち合わせはいかがでしたか?

壁紙選びの際、僕たちは適当に選んでいたのですが、設計士さんが次回の打ち合わせになると、『この壁紙も検討してみてはどうでしょう』と新たな提案をしてくれました。自分たちが選んだものより、格段に空間がグレードアップした感じで、すぐに受け入れました。壁紙ひとつにしても、この先長く暮らしていく上で印象や居心地の良さがずいぶん変わると思います。私たちの家づくりを真剣に考えてくれているんだなぁと感動しました。

入居されてからのご心境はいかがですか?

マンション暮らしが長かったせいか、2階建ての一軒家に帰るのは変な感じでしたよ(笑)。入居して2か月経った今、ようやく慣れました。今はリラックスして生活をしています。息子も思い切り遊びまわれるようになり、毎日ご機嫌です。来客も増え、家中にいつも笑い声が響いています!
« | 両家の家族団らんが増えた家【明石市M様邸】 | »
TOPへ