お客様の声

秘密基地から、ちびっ子たちの笑い声が響く家【明石市H様邸】

|一覧へ戻る|

他の住宅メーカーにも行かれましたか?

明石住建さん以外に3社の住宅メーカーに行きました。各社の設計デザインと費用が重要だったのはもちろんですが、ほぼ、ヒトで決めました。僕が薬品メーカーの営業マンということもあり、各社の営業さんと話す際、「もし一緒に仕事をするなら・・・・」と考えました。明石住建さんの担当者さんは、話が明確で、感じも良かったので、「このタイプの方だと打ち合わせもストレスがなく、スムーズに物事が進むだろうな」と思い、お願いしました。完全な“仕事目線です”(笑)。

営業担当者との印象的なエピソードを教えて頂けますか?

希望していたエリアで土地を探す際、ほかの不動産会社が販売していたある土地がありました。その土地の値段が気になって、担当者さんに何気なく聞いたことがあったんです。すると、その会社にヒアリングし、撮影してくれた土地や周辺の写真を持ち出して、多角的な視点から値段の理由を教えてくれたことがありました。すごく誠意を感じましたね。

納得のいく土地は見つかりましたか?

僕の実家が九州、妻の実家が淡路島ということもあり、明石市内で土地探しに奔走してもらったところ、ぴったりの土地が見つかりました。仕事の都合でこの先、転勤があるかもしれないので、妻の実家が近いに越したことありませんから。明石住建さんが分譲する土地が豊富で助かりました。

木の温もりにあふれたリビングですね。

僕は無垢材が貼られた広いリビングを希望していました。材木の種類に悩みましたが、明石住建さんのモデルハウスにあったオーク材の肌触りと色が良くて決めました。「壁の一面も木目調にしたい」と設計士さんに相談したところ、壁紙ではなく、無垢の壁板を勧められました。まったくイメージが付きませんでしたが、完成した我が家で見た壁板はインパクトを与えてくれ、室内の統一感にも一役買ってくれました。

プライベート空間が守られたウッドデッキですね。

バーベキューをしたり、子どもをプールで遊ばせたりしたかったので、絶対欲しい場所でした。リビングとウッドデッキをつなぐ大きな窓は、両側に畳めるスタイルにしました。内と外がひとつになった開放感が味わえます。

奥さまが気に入られたスペースはどこですか?

階段下のデットスペースを生かして、二人の息子のために設けた小さなキッズルームですね。入口はアーチ型にし、特別感を出すため、室内に丸窓を取り付けてもらいました。何だか秘密基地みたいでしょう。入口がキッチン側とリビング側にあるので、調理しながらでも遊ぶ様子が見え、安心して家事ができます。

建設中はよく見に行かれましたか?

毎週のように見に行きました。時に、僕は仕事帰りに立ち寄ることも。すでに夜ですから現場は真っ暗。細部までは見えませんでしたけど、進行状況は大まかに分かるので、「ここまで進んだんだなぁ」と感慨深く、見守っていました。

新居での暮らし方は変わりましたか?

僕は元々、家が好きなので、マイホームを持ったことで、何か家でできる趣味を持ちたいなと思いましたね。妻も自分のこだわりが最大限に詰まった空間なので、喜んでいます。元気いっぱいの息子たちが、広くなった我が家でバタバタと走り回るようになったのは言うまでもありませんね(笑)
秘密基地から、ちびっ子たちの笑い声が響く家【明石市H様邸】 | »
TOPへ