子育てハウス〜子供の心が育つ魔法の家

子育てハウス イクリアでは子育て中のママと定期的に座談会を開催しお家の中でお子様が危険と感じている場所や悩みなど生の声を聞いて「安全で子育てしやすい家造り」に役立てています。 健やかな子供が育つ理想お家とはどんな家なのかとことんマジメに考えてきました。 子育てハウス 明るく伸び伸びした子供が育つ家ってどんなだろう。 間取りはどうあるべきだろう。 家事の効率が上がる収納は?リビングや子供部屋に必要なものってなんだろうなど。お子様がいる家庭に適した家造りを研究してきました。

イクリアが考える
子育てハウスとは

イクリアのご提案プラン

イクリアのご提案プラン

1.家族がコミュニケーションが取れる家であること
〜挨拶が飛び出す動線設計〜 玄関はキッチンやリビングからすぐの所にあり、出来れば廊下は短く。なるべくリビングを通らないと自室に行けない動線設計が理想です。 家族がコミュニケーションが取れる間取り 家族がコミュニケーションが取れる間取り
2.子供が安全に家の中で走り回れること
マンションでは下の住人に気を遣い走り回れない。 戸建はその音の問題も気を使わなくてよいので、伸び伸びと遊べる空間を提案させていただいています。 やさしいR壁 やさしいR壁
3.リビングを居心地の良いものとする事
リビングが一番明るい、気持ちいい、温かい、楽しい空間にすることで家族が自然と集まるようになります。そこには会話やコミュニケーションが自然と生まれます。 珪藻土プラスボード 珪藻土プラスボード
4.子供部屋は快適じゃない方がいい
子供部屋は小さく。あまり快適すぎず、不便な位がちょうどいいと私は考えます。自分の部屋より家族のいるリビングの方がくつろげるという環境が自室に引きこもることを防止しますし、家族の距離を縮めます。 子供部屋は快適じゃない方がいい 子供部屋は快適じゃない方がいい
5.キッズリビングの提案
リビングの横にちょっとしたキッズリビングやスタディーコーナーがあるととっても便利。 毎日の宿題やお絵かき、オモチャ遊びも、ママの気配を感じながら没頭できます。 何か質問すれば答えてくれる距離にいる親の存在が子供の安心感に繋がるものになるのです。 キッズリビング間取り案 キッズリビング間取り案
  • IKU-REARの家づくりIKU-REARの家づくり
  • IKU-REARの標準仕様IKU-REARの標準仕様
  • Liv WoodLiv Wood
  • 子育てハウス子育てハウス
  • 木へのこだわり木へのこだわり
  • アフターサービスアフターサービス
  • 光冷暖光冷暖
  • 資料請求・お問い合わせはこちら 資料請求・お問い合わせはこちら
TOPへ